トンソクくんが思い出横丁の皆さんの思い出を集めて紹介するプログ


by トンソクくん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

11月1日から一週間ほど行なっていた街並み絵巻プロジェクトで各店舗の方に街並みアロハを着て頂いていたのですが、ちょっとアロハがお店の内容に合わないかもしれないと思っていたのが、みのるさん と 珈琲の但馬屋さんです。 

実は、その期間私はみのるさんに 伺えなかったのですが、今日たまたま発見したブログ 「食King 店長の日々グルメ三昧 新宿西口思い出横丁『みのる』へ行ってきました♪」に載っているカクテルの写真のはしに、街並みアロハの袖の部分が見えてます。

食King の神田店長さん、ありがとうございます。他に写っている写真がもしあったら、是非お知らせ下さい。

街並み絵巻プロジェクトのワークシヨップで、ハイブリッド水彩で描いたみのるさんの絵も描いてもらっていたのですが、一つご紹介します。
c0074322_9455843.jpg


笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-30 09:49 | 街並み絵巻08思い出横丁
Photoshop-CSで合成して変形させても残っていた酉連さんの画像の歪み
c0074322_8584166.jpg
を取る実験をしました。
画像をPhotoshop-CS3で開いて、新しい機能、編集-変形-ワープの機能を使って歪みを取りました。
c0074322_8595750.jpg
この機能を使って地道に使っていけば、あの細い思い出横丁の仲通り沿いのお店も街並み絵巻にできそうです。
[PR]
by akasao | 2008-11-30 09:03 | 街並み絵巻09思い出横丁
帰りに大桟橋に寄ったときに丁度夕焼けで、さらにビルの合間に赤い富士山が見えたのです。今日はコミュニティーアートと呼べるものが今回の横浜トリエンナーレにあるかどうかを日曜日に見に行きたのですが、一番驚きと感動を持って見れたのがこの風景でした。
c0074322_71752100.jpg

カメラはパナソニックのDMC-LX3です。今日はワイドコンバージョンレンズは付けていません。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-25 07:20 | その他色々
昨日の二枚の写真をつなげて下絵にできるかどうかを簡単にテストしてみました。
c0074322_7525717.jpg

やったこことは、Photoshopに読み込んで、自由な変形で歪みを取ってから二枚を並べると言うだけなのですが、実際にやってみるとかなり変形させないと二枚は繋がりません。

かなりゆがめる必要があるため、結果も太鼓型のひずみがかなり出ました。このひずみを簡単に取れる良いソフトかなにかはないものでしょうか。Photoshop-cs2でできそうなのですが、設定が大雑把なのであまり上手くいかないように思います。他に簡単なソフトをもしご存知でしたらお知らせ下さい。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-24 07:59 | 街並み絵巻09思い出横丁
思い出横丁 仲通り 街並み絵巻を作るために、仲通の視察を始めました。一番の問題は、仲通の雰囲気をそのまま絵にするために、写真を撮る必要があるが、なにぶん道幅が狭く、普通に写真を撮ることができないのです。まずは、撮影をどうするかが問題。そのため、携帯絵かきと名乗っていはいるものの、広角で写せるカメラが必要になったというわけです。

しかし、一眼レフのカメラで構えて撮影してはやはりお店の雰囲気を壊してしまうと思うので、コンパクトで広角のカメラを購入する必要があります。思い出横丁の近くのビックカメラで色々と捜してみると、ライカのD-LUX 4が良さそう。なんでも、レンズの歪みの補正もかなりしてくれるとのことで、良い候補なのですが、さらに捜してみると、ライカからのOEMで作られているパナソニックのLX-3というのがあり、それだと、さらにワイドコンバージョンレンズを付けて撮影することができます。

とにかく半端な広角では対処出来ないので、パナソニックLX-3のワイドコンバージョンレンズで挑戦してみることにしました。

そのカメラで写したのが以下の写真です。

c0074322_842581.jpg

c0074322_8423229.jpg


酉蓮さんの正面から二枚写したもので、上下がうまく繋がれば街並み絵巻の下絵が作れるというわけです。  
お店の雰囲気を壊さないためには、ストロボを使いたくないのですが、使わなくてもこれだけ写るのは助かります。

これから、しばらくは、いろいろと実験をして行く予定です。
そのほか今日の作業は、8mの思い出横丁街並みのれん9枚の鳥の糞などの汚れを取り除く作業をしました。帰りには、若月さんで、付け麺のラーメン550円と餃子を食べて帰ったのでした。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-23 08:55 | 街並み絵巻09思い出横丁
ぶらり途中下車の旅で阿刀さんと私が入ったのがこのお店です。今日は11月9日に思い出横丁で行なった、「思い出横丁をハイブリッド水彩で描こうワークショップ」に参加して頂いた人に描いてもらった作品を紹介します。
c0074322_1184880.jpg


カブトさんの鰻は串に刺ささっていて、一本一本手でご主人が串に刺して準備しているものです。フルコースで頼まれるのが一番楽しめると思います。私は、ビール一本とフルコースというのが定番です。紹介されたこの横丁で、昔から名前が残っているお店で一番古いのがカブトさんだと思います。
先に紹介した作品は、会場に用意した下絵と彩色した見本を見ながら塗ってもらったものです。

●下絵
c0074322_1195497.jpg

●見本
c0074322_11103627.jpg



この先、またご紹介していきます。

kasao
[PR]
by akasao | 2008-11-22 11:19 | 街並み絵巻08思い出横丁
新宿西口思い出横丁 街並み絵巻プロジェクトでは、お店で着て頂いたオリジナル思い出横丁アロハの写真を皆様からお送り頂き、ご紹介していますが、今日は 鳥園さんです。写真をお送り頂きありがとうございました。

鳥園さんは小さなお店が多い思い出横丁では、かなり大きな線路沿い、新宿よりのお店です。名前は鳥園ですが、鳥だけではなく色々なものがメニューにありますので、鳥を食べられない方でも大丈夫です。結構このことを皆さん知らないようです。街並み絵巻制作中はワークショップ終了後に学生と食事に利用させて頂きました。

c0074322_7244327.jpg



もし皆さんも各店舗で着られていた思い出横丁オリジナルアロハの写真をお持ちでしたら是非お送り下さい。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-21 07:27 | 街並み絵巻08思い出横丁
また写真をお送り頂きましたのでご紹介します。
今回は岐阜屋さんです。

c0074322_752365.jpg


前回ご紹介した飲み会後に宝来家さんの前で撮った写真もアップさせて頂きます。

c0074322_753740.jpg


もし皆さんもお持ちでしたらお知らせ下さい。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-20 07:54 | 街並み絵巻08思い出横丁
思い出横丁 街並み絵巻 の作品の一部でもある スタッフアロハ 全6種類を着て並んでいる写真をご紹介します。
背景ののれんとダブルで街並み絵巻を眺めることができます。
c0074322_6243429.jpg

本当は、お店の方々に着て頂いて写真を撮りたかったのですが、なんと言っても皆さんお忙しいので、6店舗の方に同時に集まって頂くことはご迷惑だと思い断念しました。そのため、ここにお見せしているのは、スタッフTシャツです。

スタッフTシャツは絵柄は街並みなので派手ですが、お店用のアロハには印刷してあるすそのかるたの絵札や袖のかるたの読み札は印刷していないので、町の中でも着ることはできると思います。実際私は、今までこれを着て山手線や小田急線に乗りました。確かに視線は感じますけどね。

このあと、左から二番目の柄のスタッフアロハは新宿の中山弘子区長が視察にいらした際に着て頂いたのですが、お似合いだと言うことで、そのまま差し上げました。

笠尾敦司
[PR]
by akasao | 2008-11-19 06:35 | 街並み絵巻08思い出横丁
思い出横丁街並み絵巻プロジェクトを見に来て頂いた方達とあらためて思い出横丁で飲みました。

まずは、宝来家さんにお邪魔して、それから埼玉屋二号店さんの二階でおでんを頂きました。街並みアロハを私ともうお一方に着て頂き、飲んでいる写真がこれです。宝来家さんの二階です。
c0074322_16132385.jpg

このスタッフアロハを着ているといかにも思い出横丁フリークの様で気持ちが盛り上がりますね。自分一人で着ていても自分のは見えないので、どなたかに着て頂いているとそれが見れてうれしいものです。宝来家さんの前でも写真を撮って頂いたのですが、私の性でちょっとぶれてしまいました。

思い出横丁街並み絵巻プロジェクトは ジャンルとしては コミュニティーアートが一番近いのですが、いわゆるコミュニティーアートはもっとコミュニティーがはっきりしています。しかし、街並み絵巻プロジェクトの場合は、コミュニティーの定義がゆるく、思い出横丁と思い出横丁を出入りしている人々ということになります。

このゆるいコミュニティーで一つの作品を作りながら、横丁について語り合うと言うことに私は意義を感じています。是非皆さんも思い出横丁に思い出横丁を語りにいらして下さい。埼玉屋さんのおでんは食も話も進みます。

今回は、日本中の科学博物館のコンテンツを作り出している方々とご一緒させて頂きました。

Kasao
[PR]
by akasao | 2008-11-18 16:23 | 街並み絵巻08思い出横丁