トンソクくんが思い出横丁の皆さんの思い出を集めて紹介するプログ


by トンソクくん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:街並み絵巻08思い出横丁( 15 )

思い出横丁街並み絵巻プロジェクト・メイキングビデオをYoutubeにアップしてもらいました。
ちょっと電車の音がうるさいのでキャプションが必要かも知れません。
仲通りの写真を取っているところも面白いと思います。

街並み絵巻プロジェクト・メイキングビデオ

笠尾敦司

仲通りつぶやきギャラリー

[PR]
by akasao | 2009-11-06 00:27 | 街並み絵巻08思い出横丁

卒業制作展

現在、六本木ヒルズでは、東京工芸大学芸術学部の卒業制作展が日曜日まで開催されています。
思い出横丁からアートするで作品作りをした時に皆さんからもらった情報をもとに、学生が制作した卒業制作作品も出品されています。
c0074322_183451.jpg
キャラクターデザインです。

この作品は、思い出横丁街並みを作る際に、集めまった情報をもとに考え出された付喪神を絵巻に配置して作った蛇腹風絵本です。
[PR]
by akasao | 2009-02-21 18:40 | 街並み絵巻08思い出横丁
昨日また、ブログにでてるの見つけましたよ。と教えて頂きました。

それは、高橋 美樹さんという方のぷ~羅プラ日記というサイトです。

高橋さん、写真を撮って頂きありがとうございます。良い記念になります。あの作品は「思い出横丁からアートする」というアートイベントの一環として作られた「街並みのれん」という作品です。

そうです、巨大ですが横断幕ではなく、のれんなのです。一応、のれんに書いてある文章にもこれが、のれんであることが書かれているのですが・・・。来年は分るようにする工夫が必要だ。

高橋さんは、街並み絵巻の中のトロ函の看板の絵を描かれた方のようです。さらに、ブログの他のページには、あの看板は実は、乙姫様がさらに上の看板の大黒様に助けを求めているという物語なのだということが書いてあり「そ、そうだったのか」と思いました。

高橋さんのブログ内の質問に答えると、私のこの作品は参加型作品ですが、タコとか描いたのは、私自身でして、どう思ったかと聞かれると、北斎のことは頭をかすめていたし、たこの足が絡まってて、つながりがよく分らないナーとか思いながら書いてた様に記憶してます。まあ、たこより、女性の体の方がいろんな意味で描きやすいとも思った。

実は、この看板の存在にはほとんどの人が気付いてないのです。思い出横丁の振興組合の人ですら気付いてないのです。もともと、電車の中の人のために書かれているのだと思うのですが、この街並みのれんを展示したことで始めて、「こんな裸の女性がかかれてたのかー」と言う人が多かったようです。これも、路上観察者視線且つ多視点合成コラージュ作品の不思議な魅力の一つかも知れません。

ところで、考えてみると、トロ函さんも思い出横丁からアートしていると言えるかもしれませんね。コラボレーションもありか・・・。
[PR]
by akasao | 2008-12-05 17:21 | 街並み絵巻08思い出横丁
「思い出横丁からアートする」の街並み絵巻で展示した、アロハとのれんのウェブ上での写真発見報告をまた頂きました。

それは、実にありがたいことに、ワークショップに参加して頂いたCR&LF研究所の方でした。小さい写真ながら街並みのれんをブログに載せて頂いております。ありがとうございます。

ワークショップの時に塗って頂いた作品の方も無事届いていると良いのですが・・・。このワークショップ、今度はディープな仲通りの街並みを作品化する予定です。

ワークショップには二つあり、巨大のれんを展示しながらの、はがき絵の制作(今回参加して頂いた物ですね。)、と4mの街並み絵巻作りの二つです。参加して頂くチャンスは圧倒的に4mの街並み絵巻作りの方が多いはずです。どちらも楽しい制作作業になります。

みなさんと、透明水彩を塗りながら、思い出横丁にいていろいろと語り合えますし、思い出横丁のプチうんちく話で盛り上がったりもします。実際、この作品はコミュニケーションアート作品となっており、このように、制作に加わってもらいながら、これからの思い出横丁をみなさんと考えるという作品なのです。

機会がありましたら、よろしくお願いします。

コミュニティーアーティスト
笠尾敦司
[PR]
by akasao | 2008-12-04 02:10 | 街並み絵巻08思い出横丁
11月から1日から9日まで、行なっていた街並み絵巻プロジェクトに関して、アロハを着ていた人の写真やのれんの写真を撮った方の情報をお願いして参りましたが、今日また、新たに「ブログに出ているよ」との情報を頂きました。

それは、"いんげんのblog" 思い出横丁 / 新宿西口

です。
ブログのオーナーさんはいんげんさんとお呼びするべきなのでしょうか、よく分りませんが、写真できれいに写して頂いております。期間が短かったので、どの程度の方が、このプロジェクトの作品をご覧になっていたのかが疑問なのですが、うれしいですね。
ブログの中で「思い出横丁を描いた布地?」とかかれてますが、これ大きいですけど、「のれん」です。来年は、思い出横丁の仲通りに街並み絵巻を、街を訪れる皆さんと一緒に描いていく予定ですので、いんげんさん もし、見かけられたらよろしくお願いします。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-12-02 06:40 | 街並み絵巻08思い出横丁
11月1日から一週間ほど行なっていた街並み絵巻プロジェクトで各店舗の方に街並みアロハを着て頂いていたのですが、ちょっとアロハがお店の内容に合わないかもしれないと思っていたのが、みのるさん と 珈琲の但馬屋さんです。 

実は、その期間私はみのるさんに 伺えなかったのですが、今日たまたま発見したブログ 「食King 店長の日々グルメ三昧 新宿西口思い出横丁『みのる』へ行ってきました♪」に載っているカクテルの写真のはしに、街並みアロハの袖の部分が見えてます。

食King の神田店長さん、ありがとうございます。他に写っている写真がもしあったら、是非お知らせ下さい。

街並み絵巻プロジェクトのワークシヨップで、ハイブリッド水彩で描いたみのるさんの絵も描いてもらっていたのですが、一つご紹介します。
c0074322_9455843.jpg


笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-30 09:49 | 街並み絵巻08思い出横丁
ぶらり途中下車の旅で阿刀さんと私が入ったのがこのお店です。今日は11月9日に思い出横丁で行なった、「思い出横丁をハイブリッド水彩で描こうワークショップ」に参加して頂いた人に描いてもらった作品を紹介します。
c0074322_1184880.jpg


カブトさんの鰻は串に刺ささっていて、一本一本手でご主人が串に刺して準備しているものです。フルコースで頼まれるのが一番楽しめると思います。私は、ビール一本とフルコースというのが定番です。紹介されたこの横丁で、昔から名前が残っているお店で一番古いのがカブトさんだと思います。
先に紹介した作品は、会場に用意した下絵と彩色した見本を見ながら塗ってもらったものです。

●下絵
c0074322_1195497.jpg

●見本
c0074322_11103627.jpg



この先、またご紹介していきます。

kasao
[PR]
by akasao | 2008-11-22 11:19 | 街並み絵巻08思い出横丁
新宿西口思い出横丁 街並み絵巻プロジェクトでは、お店で着て頂いたオリジナル思い出横丁アロハの写真を皆様からお送り頂き、ご紹介していますが、今日は 鳥園さんです。写真をお送り頂きありがとうございました。

鳥園さんは小さなお店が多い思い出横丁では、かなり大きな線路沿い、新宿よりのお店です。名前は鳥園ですが、鳥だけではなく色々なものがメニューにありますので、鳥を食べられない方でも大丈夫です。結構このことを皆さん知らないようです。街並み絵巻制作中はワークショップ終了後に学生と食事に利用させて頂きました。

c0074322_7244327.jpg



もし皆さんも各店舗で着られていた思い出横丁オリジナルアロハの写真をお持ちでしたら是非お送り下さい。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-21 07:27 | 街並み絵巻08思い出横丁
また写真をお送り頂きましたのでご紹介します。
今回は岐阜屋さんです。

c0074322_752365.jpg


前回ご紹介した飲み会後に宝来家さんの前で撮った写真もアップさせて頂きます。

c0074322_753740.jpg


もし皆さんもお持ちでしたらお知らせ下さい。

笠尾
[PR]
by akasao | 2008-11-20 07:54 | 街並み絵巻08思い出横丁
思い出横丁 街並み絵巻 の作品の一部でもある スタッフアロハ 全6種類を着て並んでいる写真をご紹介します。
背景ののれんとダブルで街並み絵巻を眺めることができます。
c0074322_6243429.jpg

本当は、お店の方々に着て頂いて写真を撮りたかったのですが、なんと言っても皆さんお忙しいので、6店舗の方に同時に集まって頂くことはご迷惑だと思い断念しました。そのため、ここにお見せしているのは、スタッフTシャツです。

スタッフTシャツは絵柄は街並みなので派手ですが、お店用のアロハには印刷してあるすそのかるたの絵札や袖のかるたの読み札は印刷していないので、町の中でも着ることはできると思います。実際私は、今までこれを着て山手線や小田急線に乗りました。確かに視線は感じますけどね。

このあと、左から二番目の柄のスタッフアロハは新宿の中山弘子区長が視察にいらした際に着て頂いたのですが、お似合いだと言うことで、そのまま差し上げました。

笠尾敦司
[PR]
by akasao | 2008-11-19 06:35 | 街並み絵巻08思い出横丁