トンソクくんが思い出横丁の皆さんの思い出を集めて紹介するプログ


by トンソクくん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今日の猫マンガ絵顔 ラブハート

感性はがきをどう使うかをネコミック(猫コミック)で紹介します。家にもシーナとクッポという2匹の猫がいます。まずは彼女たちをキャストに加えてお送りすることにします。

さてさて、ただ感性はがき/絵顔を紹介するだけでは、あまり面白くないなーと思い、どうしたものかと悩んでいたため感性はがきをの紹介をしばらく休んでいました。このブログの目的は、感性はがき/絵顔をみんなに使ってもらいやすくすると言うことが一つの目的ですから、まずは、いろんな事ができるのだというのを知ってもらえる記事を書いていこうと言うことで、新装開店することにしました。

顔をコミュニケーションに使うというのはこれからも続けていきますが、なにしろ、自分の顔そのものを使うのはやはり抵抗がある。というのが、やはり本音のようです。それでは、写真にアルゴリズムペイントで表現を加えることでコミュニケーションを活性化する分野は何か?を考えてみたところ、どうしても結論は一つに収斂してしまいました。これはもう奥の手を使うしかないなと覚悟を決めました。

実はずーと奥の手として取っておきたかったのですが、それは誰でも気づく動物・ペット ブログでの猫写真コミュニケーションです。

例えば
耳折れ兄弟
とか猫とパチが全てとか、いやーかわいい猫ちゃん達の写真を使ったコミュニケーションブログがたくさんあります。最近は猫雑誌も個人の投稿写真でできあがっているものが多いですしから、ペット写真でコミュニケーションは当たり前。

というわけで、これからこのブログでは、単に「人間の感性はがき/絵顔」を紹介するだけでなく、分野としてネコミュニケーションも取り入れつつ、いかに使うかも紹介していくことにします。

とはいうものの、人間の感性はがき/絵顔とネコミックでは、作り方に大きく違いがあります。それは、人間の場合顔を分からなくするのが基本ですが、猫の場合は猫が分からなくなってはつまらないということです。わんちゃんのブログで紹介されていた最適な例をご紹介します。それは「ラブさま」です。よーしこれからは、とりあえず、芸術学部だのデザイン学科だのということはとりあえずおいておいて、女子高生のりかわいらしさで行くぞ。というわけで、アルゴリズムペイントで加える表現そのものを新たに作り出すことにしました。

今日はその第1弾 ハートです。これはもう強力です。うちのシーナは膝の上に乗るのが大好きです。ですから、家にも膝の上の写真はたくさんあります。例えば 
c0074322_932033.jpg
こんな猫ちゃんはたくさんいるはずですよね。こんな写真にたとえばハートがたくさん飛び散っていたらうれしくないですか? 次の写真を見てください。

c0074322_94307.jpg
どうでしょう。これは、数学でお勉強した関数を使って作り出しているので、ハートの絵をコピペコピペしたのではありません。形も大きさもみんな少しずつ違うのが分かると思います。何より、全体が絵になっているのでそれにハートがなじんでるでしょ。いやー、ちょっと強引にシーナ愛を語らしているような気もしますが、飼い主であればこその贅沢です。作ると人に送りたくなってしまうものも不思議です。いやいや是非誰かに送りましょう。これはコミュニケーションのためのツールでかすからね。これからも、感性はがき/絵顔と一緒にさみだれ的に色々とご紹介していきますよ。
[PR]
by akasao | 2005-08-07 09:12 | 猫マンガ絵顔