トンソクくんが思い出横丁の皆さんの思い出を集めて紹介するプログ


by トンソクくん
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

思い出横丁 街並み絵巻プロジェクト エピソードスケッチ

思い出横丁における エピソードスケッチ は今やるべきであるという話を書きましたが、実際に話を聞き書きする手順を紹介しておきます。

c0074322_911699.jpg

エピソードスケッチの様子です。

エピソードスケッチは多少絵心があれば誰でも出来るので、やってみたいという方のためにも、ご紹介しておきます。

1 まず、思い出横丁に関するアンケートをお願いします。
その中に、思い出横丁での思い出を紹介してくださいという項目が入っています。

2 そのアンケートを受け取った時に、思い出横丁の思い出について少し詳しくお聞きします。
アンケートにはたいしたことが書いて無くても、話している内に絵になりそうな面白い話が出てくることが良くあります。

3 面白い話が出てきたら、その話を絵にさせて下さいとお願いして、聞き描き用のA4用紙に絵を描きながら、要所要所で間違いがないかどうかを確認しながら描いていきます。

絵を見せながら描くことが大切です。また、エンピツ下書きなので色についても聞ければ聞いておきます。

4 時間のないひとに対しては、ここで終わりにして、後で下書きから水彩画紙等に色を付けて仕上げます。もし、時間があると言う場合は、色つけまでを見てもらいながら行います。

以上がアンケートからエピソードスケッチ完成までの流れです。

注意点 としては
話をしてくれている人物をできるだけ画面の中心に描く、周りの状況やお店の中について特徴的な物が話しに出てきたら、直接関係が無くても描いておく。 なるべく、その時代や場所の様子を情報として絵に残すことも意味があるからです。

特に、この部分を想像する時に何かしらの手がかりが必要となるので、思い出横丁では手がかりのある内に面白い話を集めておくことが大切だと思うのです。ですので、何か機会があれば、また、続けていこうと思います。

笠尾敦司



街並み絵巻プロジェクト・メイキングビデオ    仲通りつぶやきギャラリー
            
[PR]
by akasao | 2009-11-13 09:06 | 街並み絵巻09思い出横丁